四柱推命の食神とは?

四柱推命には、いくつかの流年が存在しているのですが、その中の一つとして食神といわれる流年もあります。
食神と呼ばれる流年は、どのような時期になっているのかというと、守りに徹するのに適している時期だと考えられています。
ですので、新しいことに挑戦をするのではなく、現在の状態を保つようにしたほうが適しているということになります。
現在の状態を維持することによって、精神的にも余裕を持つことが出来るようになり、自分らしく過ごすことが出来るとされています。
自分だけに影響を与えるのではなく、自分が余裕を持っていることによって、自分の周りの人にも和やかに接することが出来るようになったり、周りの人から好かれやすくなるのも、この食神の特徴とされています。
そのため、食神の時期というのは、人間関係を良好にしていきやすくなっていますので、出会いを探すのにも適していると考えられています。
精神的だけではなく、運勢も安定してくれますので、激しく運気が上がったり下がったりするということもないですので、ストレスも感じにくくなります。
食神の時期に自分を高めることに力を入れておくことによって、雲気が高くなる時期になったときに、一気に伸びていく可能性もあります。
ですので、生活などは現状維持をしていても、地力はしっかり養うようにしておくことをお勧めします。
それに、安定していますから、恋愛やプライベートにも力を入れやすくなっており、新しい出会いが見つかりやすくなったり、パートナーとの関係を良好にしていきやすいです。
ですから、四柱推命で自分の食神の時期を把握してみてもいいかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ